ホットライン

ITを駆使した経営促進支援、ブランド向上支援、システム開発支援、IT課題解決支援なら、創業15年を経て社会をデザインし成長を続けるテンファイブ

TEL_icon 0120-025-105

メールでのお問い合わせ
facebook

お客様の声

Jサポート株式会社

voice04-01

代表取締役社長 

岩崎篤様

Jサポート株式会社 Webページ http://jsupport-ed.co.jp/

2014年11月

テンファイブ株式会社提供“ブランド向上支援サービス”をご利用されました。

Interviewer:

弊社サービス(ブランド向上支援サービス)をお知りになった経緯はどのような ニーズがあったからでしょうか?

岩崎様:

もともと数年前に御社の女性のテレフォンアポインターから電話を頂き、その後、御社営業マネージャーの中村さんに来社頂き、ヒアリングの中から塾のパンフレット作成をお願いしたのがきっかけでした。中村さんからはヒアリングの中で「塾生の単価を上げたほうが良いですよ!」に始まり、当塾の現状とこれからを見据え、損得抜きに様々な提言をもらいました。時に耳が痛いことや言われたくないことも・・・(苦笑)ただ、そのように営業活動においても真摯に「こうした方が良い」と言ってもらえることはとても有意義で示唆に富んだものでありました。そういった経緯を踏まえ、この度、当塾ホームページのリニューアルにあたり、友人知人などのウェブ制作業者にも声を掛けたのですが、最終的に紙媒体でもウェブ媒体でも知見と実績をお持ちのテンファイブ株式会社さんにお願いすることに決めました。

Interviewer:

なるほどでございますね。お褒めのお言葉ありがとうございます。営業活動において、確かに費用(投資)対効果は重要ですし、その業界を最も良く知るお客様の声は絶対に近いのですが、時に客観的な視座によってお客様に進言することで全く新たな知見を双方が得られたりするケースもありますね。今回の案件におきましては御社の目的とゴールがハッキリしていたので、要件定義もスムースに進みました。受発注の関係においてこれほどスムースに仕事が進んだのは久しぶりで驚いたほどです(笑)

Interviewer:

続いて実際弊社サービス(ブランド向上支援サービス)を利用されてご満足頂けた点はどのようなことでしょうか?

岩崎様:

まず平易に言えばやはり「コスト(予算)」ですよね。テンファイブ株式会社さんには限られた予算の中でさらに高度なオリジナルの「料金シミュレーター」なども含んで制作していただけ、コスパの良さを感じました。まだウェブ媒体からのお問い合わせだけで顧客との関係をすべて解決したり、ウェブ媒体をフル活用した販促活動が出来ているとは言い難い現状ですが、今後、さらにウェブを上手く使用していけたらと考えています。

Interviewer:

喜んでいただけて光栄です。弊社では「良い物を適正価格で」という至極真っ当なことに腐心できるように心がけています。また、単にウェブ制作が出来る会社、プログラム含めシステム開発が出来る会社、販促活動やマーケティングにも詳しいという、個々の技術や知見が分散して結果的に非常に狭いサービスの提供にならないように心がけています。

Interviewer:

続いては今後の御社含めた教育産業における「塾」業界の展望についてお聞かせください。

岩崎様:

そうですね。

まさしく今後日本の教育産業はさらなる「多様性の時代」を迎えます。「現役で◯◯大に入りたい」や「少しでも良いところへ・・・」というポピュラーなニーズから、「AO入試や推薦入試に特化してマネジメントして欲しい」や「大学全入時代とは言いながらやはり・・・」といった個別のニーズも多様化しています。

そこで当塾の【個別指導】が最適化に最も近いと考えてはいるのですが、まだ潜在的にクリアしなければならない問題があり、目下最優先事項として検討しています。

その他としては、当塾はもちろん午後の時間帯を主体として小中高生の「塾」という業態を営んでいますが、午前中には通信制の学校として機能しています。今後は、午前中の通信制の学校と午後の塾のさらに「合間」である昼時を活用して、諸事情があって学校に通えない不登校のお子さんの補助学習の場として機能していきたいとも考えています。

塾とはいえど究極的には「坪あたり」の空間×時間のビジネスですので、場所と時間の効率的な使用法を今後も考えて行きたいと思います。

Interviewer:

なるほどでございますね。

「学びの多様化」とサービスとしての教育産業について、非常に示唆に富んだ展望と未来予想図に感銘を受けました。

また、地域の不登校のお子さんの補助学習としての機能は、営利活動はとは一線を画す、とても社会的意義のあることだと思いました。

過去に岩崎社長がスペース貸しのビジネスにも携わられていたとのことで、その時のご経験が今の順調で堅実な塾経営に繋がっているのだと感じました。

Interviewer後記

本日はJサポート株式会社、代表取締役社長の岩崎様にご多忙の折、お時間を頂戴し弊社テンファイブ株式会社提供のブランド向上支援サービスをご利用、の感想をお聞きしました。日本の教育産業は少子高齢化に伴い大きな変革を迫られています。デジタル産業の隆盛に伴い、学びの場にもデジタル化の波が押し寄せ学び方、そのものが変わっていくとも推測されます。教育産業に10数年の実績と知見を有するテンファイブ株式会社としましては、教育産業の皆様のより良い体験価値向上に向け社員一同、一層鋭意努力してまいります。

テンファイブの事業対応可能エリア

  • 東京都

    足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市

    神奈川県 横浜市

    鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ヶ谷区、旭区、磯子区、金沢区、港北区、緑区、青葉区、都筑区、戸塚区、栄区

    神奈川県 川崎市

    川崎市、川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区

    千葉県

    市川市、船橋市、松戸市、柏市、流山市、我孫子市、浦安市

    埼玉県

    さいたま市、川越市、川口市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、八潮市、富士見市、三郷市、坂戸市、ふじみ野市、三芳町

    大阪府

    大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市

    京都府

    福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市

    兵庫県

    神戸市、姫路市、尼崎市、明石市、西宮市、洲本市、芦屋市、伊丹市、相生市、豊岡市、加古川市、赤穂市、西脇市、宝塚市、三木市、高砂市、川西市、小野市、三田市、加西市、篠山市、養父市、丹波市、南あわじ市、朝来市、淡路市、宍粟市、加東市、たつの市

    愛知県

    名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市

    静岡県

    静岡市、浜松市、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、伊豆市、御前崎市、菊川市、伊豆の国市、牧之原市

    山梨県

    甲府市、富士吉田市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、笛吹市、上野原市、甲州市、中央市

    長野県

    長野市、松本市、上田市、岡谷市、飯田市、諏訪市、須坂市、小諸市、伊那市、駒ヶ根市、中野市、大町市、飯山市、茅野市、塩尻市、佐久市、千曲市、東御市、安曇野市

page_top